倉庫絆

アニメやゲームを中心に、身の周りで起こったことをだらだらと綴る自己満日記です。
記事を読んで不愉快にさせてしまった場合は、当方では責任を負いかねますのでご了承お願い致します。

 

対人戦績交換4.3


Edit ゲーム    登録タグ  FF14   PvP   ミニオン 
対人戦績で交換できるアイテムが増えていたのでご紹介。

演技教本:説明(対人戦績15,000)


少しツンツンしてる感じが堪りません。
ミコッテになら叱られてみたい・・・。

ヘアカタログ:フェザーヘア(対人戦績18,000)
前から。


後ろから。


おでこが見えるベリーショート。活発なイメージです。
でも結局はいつもの髪型に戻してしまいます。

クロックワークラタン(対人戦績15,000)


一見、ただの調度品の様に見えるランタン。



実はクネクネしたり、ピョンピョン跳ねるミニオンです。

この他に、壁掛け調度品ファルコン・バナーレイヴン・バナー(各対人戦績7,500)が
追加されているようです。

先日の戦場で、金色に輝く騎乗システム(玉)を乗っている方に初めて出会いました。
とてもカッコよかったので、是非目指して頑張りたいと思います!
スポンサーサイト
Community テーマ - FINAL FANTASY シリーズ  ジャンル - ゲーム

ゴリラマウント


Edit ゲーム    登録タグ  FF14   マウント   PvP 
念願の『魔導アヴェンジャー騎乗型』、
通称ゴリラをゲットしました!!


手の上に乗るという、新しいタイプのマウント!


花嫁姿だと、ド●キーコングっぽい。


巨体メカなのに、空を飛ぶ!


拳を突き上げて、大空を飛ぶ!落とさないでね!


とまあ、このゴリラさんを取るべく、ここ半月ほど必死に通っていました。

その新しいコンテンツが、
ライバルウィングズ!

ライバルウィングズ『アストラガロス(機工戦)』の詳しい解説はこちら

3国で争うフロントラインと違い、24vs24の2チームで争うゲーム。
これまでのPvP要素であるPC同士によるキルには、ほとんど意味が無く、
いかに機工兵器を多く起動させて攻めて行くかが、重要だと思っています。
ただし、中央にあるジェネレーター争奪戦、オートマトン運び、
機工兵器自体を相手にするところでは、PvPスキルはとても重要です。

ちなみに赤 or 青チームのどちらになるかはランダムのようです。

途中、折り返し時点の50勝目の勝率


見事、100戦の勝率50%

更に途中経過の80勝目の勝率


これまた160戦の勝率50%
ちょっと出来過ぎな気もしますが、本当に私のPvPプロフィール画面です!

そして、マウント取得となる記念すべき100勝目の勝率


なんとか50%を上回る結果で、終えることが出来ました。
ひょっとしてマッチングシステムが優秀なのでしょうか?それとも偶然なのか。

トータルで見ると赤だから勝ちやすいとか、青だから負けやすいとかはありませんが、
作戦や戦略がとても流動的で、今日は●チームだと連勝したとか、連敗したとか
流れが一方向に傾き易い感じはします。
(青チームで5連勝したり、赤チームでも5連勝するけど、その逆もあるという感じです。)

負けたらとても悔しい気持ちになるし、勝つとくすっごく嬉しい。
それくらいに今はハマっている状態です。
フレがゴリラを取得できていないのと、コンテンツ自体が面白いので、
まだまだ通うつもりです。
Community テーマ - FINAL FANTASY シリーズ  ジャンル - ゲーム

PvPランク50達成


Edit ゲーム    登録タグ  FF14   PvP 
今年の8月中旬からシールロックを始めて、2ヶ月が経ちました。
それまでPvPを一度も触ったことが無い自分でしたが、ようやくPvPランクが50になりました。
基本的には忍者で参加、タンクが明らかに少ない場合や忍者が多い場合は
ナイトで出陣しています。

必要なトータル経験値 226,210(exp)
1から50までに必要だった試合数 602(回)
1試合平均 375(exp)
※1日1回のコンテンツルーレットボーナスも含みます。

PvPランク50直後の戦績結果はこちら。
ffxiv_20151021_014935.jpg
残念ながら、始めた頃はそれなりに1位もとれていたのですが、
最近は固定PTが多くなったのか、なかなか1位がとれない状況が続いています。
私の戦術が途中から変わったのか、キルをとられないよう臆病になったせいも
あるかもしれませんが…。

もう一つの情報としては、アチーブメントの取得状況。


アラガントームリスの占拠数 340(回)
1試合平均 0.56(回)
忍者にあるまじき少なさなのか、忍びとしてはもっとかすめ取りたい、そんな気持ちです。


撃破数 1,250(人)
1試合平均 2(人)
これも貢献出来ているか否か自分では判断できませんが、召喚様に敵わないのは確実です。
高揚はそこそこ付くこともありますが、近接DPSであるため狙われ易く、直ぐに堕とされてしまいます。
そのため602試合中、高揚[強](8人撃破)は1度しか経験したことがありません。
これもヒーラー様の必至の回復があってこそです、感謝!

PvP戦績については、ナイト/忍者装備を全て取得しましたが、それでも余るため
途中からカンスト状態です。
(余裕があれば装備したSSをアップします!)

頑張って200勝を目指し、『騎乗システム』というマウントを取得したいと思います。
Community テーマ - FINAL FANTASY シリーズ  ジャンル - ゲーム

PvPシールロックにハマった


Edit ゲーム    登録タグ  FF14   PvP 
メインジョブがようやくLv60になり、メインクエストも順調に進めています。
その甲斐もあってかブログを書く余裕が無く、危うく閉鎖になりそうな勢いですが、
まだまだ書いていきますので、今後ともご愛読宜しくお願い致します。

Lv60になって何をすればいいのか?お世話になっているフレ様に尋ねたところ、
次にとるべき装備が交換できる、法典・禁書稼ぎでした。
そして、もし集めるならシールロックが面白くて良いよ!と薦められました。
PvPって何だか廃っぽい人が多いイメージで、
弱い自分はエロ同人みたいに陵辱されまくるんだろう、というネガティブ要素しかありません。
そのため、FF11の頃からPvPコンテンツは避けてきました。

しかしフレ様は「シールロックは面白いから!」と言い、
IL150装備一式をマケで即購入して、贈呈してくれました。
(当時の私はIL140で、シールロックはIL150以上が必要なためです。)

ここからが本題

このシールロックは、私の感覚では24人1チームの3色対抗の棒倒し的なもので
まさに大運動会そのものです。
所属しているグラカンの一員として、各鯖から集った人達とワイワイするゲームです。


ルールは情報値など複雑な単語を混ぜると飛ばされるので簡潔に。

場所を占拠、ポイントを増やす、先に800になれば勝ち!
これを棒倒しに言い換えると、
  1. マップ上にランダムに棒が配置されます。
  2. 棒に先に触れた国のものになります。(占拠)
  3. 倒されないように守ります。(維持)
  4. 倒されない間、ポイント(情報値)が加算されていきます。
注意としては
  • 棒が倒された場合、一度中立状態になり、また早いもの勝ちに
  • 棒には寿命が設定されていて、無くなれば消滅し、また違う場所に中立状態でポップ

この他にも、情報値の設定や、PKポイントなど細かいものはありますが、
それはそういった専門のページで見ていただけると助かります。

勝敗は棒が出現する場所など、運にも左右されますが、
やはりパーティーが一丸となって役割を果たしつつ、何処を攻めるか?
ポイントが一強となっている国が在る場合、どこを棄てて共闘し闘っていくか?
など、かなりゲームやってる感がハンパないです。

ただただPKしたいだけの集まりではなく、守るための戦術も必要なため、
このゲームは私に合い、現在ハマっている最中です。

72人の同期処理ができている技術的な部分にも関心します。
是非PvPが苦手で遠慮していた方も、一度はプレイしてみて欲しいコンテンツです!
Community テーマ - FINAL FANTASY シリーズ  ジャンル - ゲーム
 
06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

05 07


 
プロフィール

Pulsar

Author:Pulsar
アニメ、東方、フィギュア、萌える物ならなんでも手を出してしまう深刻な患者。
ツイッター始めました。@rxio3

プレイ中のゲーム
FF14 - とんべりの猫娘
PSO2 - 8鯖のヒュマ子

 
 
ユーザータグ
 


ARCHIVE RSS